若い世代も注意が必要

目

近くの文字が見えづらい

目は大切な機関ですが、やはり年齢とともに少しずつ衰えていきます。特にわかりやすい目の衰えとしては老眼があげられ、新聞など近くの文字が読みにくくなります。老眼は40代ぐらいから始まるとされていますが、スマートフォンの普及もあり、最近は若い世代でも老眼に似た症状で悩む人が増えています。老眼も放置するとより悪化していきますので、異変に気付いたら早めに予防を行っておきましょう。老眼の予防方法としては、簡単に行える目のストレッチがあります。顔を動かさないようにして、眼球だけを動かす運動は目の緊張をほぐすことができますし、特別な道具も必要ありません。そして遠くと近くを交互に眺めることも水晶体の厚みを調節する毛様体筋を鍛えることにつながり、こちらも老眼の予防に効果的です。活性酸素も老眼を悪化させることにつながりますので、外出先ではUVカット効果のあるサングラスをかけるなどして、目に入る紫外線を減らしていくことも予防につながります。見えにくいままだと目の疲れもより感じやすくなりますので、老眼鏡や遠近両用メガネで視力矯正を行うこともおすすめです。さらに、目の健康維持に良い栄養素をしっかり摂ることも大事ですので、食事内容も見直してみましょう。目に良い成分としてはビタミンAやルテイン、アントシアニンなどがあげられます。サプリメントならこうした成分も手軽に摂取できますので、活用してみることも考えてみましょう。スマートフォンを良く使う人はあまり近くで画面を見ずに少し離してみる、適度に目を休めるなどの対策も行っていきたいところです。

Copyright© 2018 老眼の予防に良い物教えて!【ブルーベリーは視力の改善にも役立つ】 All Rights Reserved.