強い紫外線を浴びない

困る人

食生活を見直しましょう

老眼は目の老化現象のひとつなので、40代ぐらいの年齢になると、雑誌や新聞などの細かい文字が読みにくくなったり、ピント調節機能が低下してきます。老眼は誰でも罹る可能性がありますが、食生活や生活習慣を見直すことで予防をしたり、進行を遅らせることができます。老眼を予防するための食事は、アントシアニンが豊富に含まれているあずきや大豆、ブルーベリーや、ビルベリーなどを積極的に食べたり、サプリメントを役立てると良いでしょう。ビタミンAが豊富に含まれているかぼちゃや小松菜、うなぎなどの食材もお勧めです。日頃から栄養バランスの良い食事を心掛けることで、酸化を抑える効果があります。老眼を予防するためには、普段から強い紫外線を浴びないことも大事です。外出をする時はサングラスを掛けるようにしたり、帽子や日傘を使用することが大事です。現代人の生活にパソコンやスマートフォン、タブレットなどは欠かせない必需品ですが、必要がない時は使用を控えて目を休ませることも大事です。老眼の症状が見られる場合は放置をせずに、眼科を受診して視力検査や精密検査を受けて下さい。老眼を予防するためには、適度に目を休ませたり、遠くを眺めるようにしましょう。老眼を放置しておくと、肩こりや頭痛、眼精疲労などの原因になってしまうので、早めに対処をしましょう。ピントが合いにくいと感じている時は、細かい文字を読む時は老眼鏡を使用することも大事です。

Copyright© 2018 老眼の予防に良い物教えて!【ブルーベリーは視力の改善にも役立つ】 All Rights Reserved.