目に良い運動と栄養

口コミ

目にも老化がある

老眼とはレンズの役割をしている水晶体が硬くなるため弾力性がなくなり、近くを見るときにピント調節ができなくなる状態をいいます。老眼は40代になると始まるように思われがちですが、水晶体の老化は実は10代から始まっているのです。老化予防、アンチエイジングで様々な方法が紹介されていますが、老眼も早くから対策をすることで予防できるものです。自分が今老眼なのだろうか、40代になったんでもう老眼ではないかと感じている人は簡単な方法があるのでセルフチェックしてみるといいでしょう。目の症状としては目がかすむ、近くから遠くを見たときぼやけることがある、細かな文字が見えにくい、本や新聞などの見る距離が遠くなってきたなどがあります。老眼を予防する方法は目の運動と栄養があり、運動も簡単なので毎日続けることができますし、栄養はサプリメントがあります。目の運動には眼球を上下左右に動かし目の筋肉を鍛え、遠くを見たり近くを見たりを繰り返すピント調節を整える方法で、栄養には目に良いアントシアニン、ピント調節機能を改善するルテインです。しかし予防法があるからといって目を酷使し続けていてはどんどん悪くなるばかりです。子供たちにも広まっている老眼は主にスマートフォンが原因で強い光、細かな文字、早い動きを長時間見続けていることです。効果的な予防法はありますがやはり使用時間を決め、こまめに休憩をし、できるだけ長時間使わないことです。

Copyright© 2018 老眼の予防に良い物教えて!【ブルーベリーは視力の改善にも役立つ】 All Rights Reserved.